• TOP
  • 泳ぐホタテとは
  • メディア紹介
  • お喜びの声
  • 商品一覧
  • 飲食店・法人のお客様へ

お問い合わせ

泳ぐホタテのヤマキイチ商店TOP > 泳ぐホタテとは > 泳ぐホタテのおいしい食べ方 > 泳ぐホタテのレシピ一覧 > ホタテの浜焼き

活

ホタテの浜焼き

ホタテを丸ごとどうぞ。貝殻付ならではの食べ方です。

ホタテの浜焼き

ホタテ貝、身のすべて

材料(1人分)

  • ・貝殻つきホタテ 1枚
  • ・しょうゆ 大さじ1〜2
  • ・バター 5〜10g
  • ※分量はお好みで調節してください。

店長の一言メモ店長の一言メモ

新鮮ですので、火加減や焼く時間を調整していただいてレア(半生の状態)でも十分召し上がりいただけます。
半生の状態では貝殻から身が外れにくいですので、焼く前にヘラを使って貝から身を外してから焼きますと、食べる時に食べやすいです。

※下記の作り方では、貝殻から外さずによく焼くタイプをご紹介しております。

作り方

  • 手順1
    ❶貝の表面を洗い、グリルで火にかける。(強火で約15分)この時、蝶つがいになっている方を手前に向けると貝が口を開けてもひっかかりません。
  • 手順2
    ❷5分ほどしてチェック。下の階から身が外れます。
  • 手順3
    ❸トングなどを使ってひっくり返したら、5分ほど焼く。
    ひっくり返す時に汁気がこぼれます。返した後も汁気は少しでてきますが足りない場合に備えてボウルに移しておくと安心です。
  • 手順4
    ❹下側(深い方)の貝から身が外れたら、バターをのせて醤油をたらす。この時、汁気が少ないようなら3番でとっておいた汁をたす。
  • 手順5
    ❺もう1〜2分焼くとしっかり焼けます。
ワンポイント
ワンポイント

ホットプレートで蒸し焼きにも

家庭用コンロやグリルでは、1つしか焼けないのですが、大きめのホットプレートでしたら一度に4枚焼くことができます。
❶専用のヘラを使ってホタテの貝殻から身をはずし、ウロ(黒い部分)をとってから深い方の貝殻に身をのせます。
❷フタをして焼きます。(アルミを敷いた上に並べるとホットプレートが傷つくのを防げます)
❸5〜8分ほど焼いたら貝殻の深皿にエキスが溜まってきます。その上からバターをのせて醤油を垂らし、バターが溶けたら完成です。
※焼け具合は目で見てご確認ください。レアでもふっくらおいしくいただけます。

ワンポイント
ワンポイント

バーベキューや網焼きにも

ガスコンロの上で焼いたり、炭火、バーベキューでの網焼きもおすすめです。
ご自宅の中ですと焼く際にエキスで汚れが気になられる方は、貝から身をはずして焼かれますとよいかもしれません。

その他のレシピも見る